好きな場所:尾道へ一人旅に出ました。の巻01〜尾道に決めた理由〜

onomichi01一人旅の理由はどうしようもなく不安だったから



会社を辞めて1ヶ月くらい経った頃でしょうか。
平日に一人で仕事しているとどうしようもないくらい不安になることが結構ありました。
特にこれといって理由はないのですが、ふとくるんですよね。
このままこんな感じなのかとか他の人は会社で働いてて、、とかなんか色々余計なことをどうしても考えてしまうんですよね。
やっぱり個人事業やってると(たまに自分は寂しすぎてよく現場に入ってくれてるアシスタントさんを呼びましたが、笑)ほぼ一人で作業するし、会社辞めて急に人と交わる機会が減ったこともあり殻にこもるというか、引きこもりに近い感じになって気持ちの整理というか切り替えができていなかったのかもしれません。(ちなみに人間というのは怖いもので今はもう慣れました。)
そんな時に思い立ったのが、「そうだ、一人旅しよう」ということでした。
なんなんでしょうか、この流れ。笑
(でも友達のフリーでシンガーやっている子に話したらその子も一人になってしばらくして一人旅をしたそうです。皆さんそういう道をたどるのでしょうか)
意味わかりませんが、その時にちょうど尾道に行きたいなと思ったのです。
自分は散歩が好きで煮詰まった時、疲れた時などに休憩がてら近所をよく散歩しにいきます。
もともと知らない場所を見るのが好きなので
今日は歩いたことないあそこまで行ってみるかとか考えながら歩いてます。
それで今度はどこか近所じゃない遠いところに行ってみたいと思うようになったんですね。
尾道はその時すぐに出てきました。

きっかけは学生時代に読んだマンガ



実は学生時代に、漫画喫茶で深夜のアルバイトしていたのですが
都心でもない外れだったせいかヒマで、
しかもいま何かと言われているワンオペだったのでよく監視カメラの映らない死角で漫画を読んでいました。笑
そこでハマって読んだのが尾道を舞台にした「ぱすてる」でした。

ざっくり言うとちょっとエッチな恋愛マンガで、まぁ学生でしたからそういうのにはすぐに飛びついてずっと読んでました。笑
あとは主人公とヒロインのゆうが付き合ってからもストーリーが続いている(すごいことに実際今も続いています。)っていうのもハマった理由の一つかもしれません。
他のこういう系のマンガは付き合ってからその後は数巻で終わったりしますしね。
マンネリ化しちゃうからかもですが。でもそのマンネリが自分は意外と嫌いでもなくて、ずっといちゃいちゃしているのをニヤニヤしながら読ん、、、おっと、道がそれました。笑
でその「ぱすてる」に出てくる尾道の街並みだったり景色だったりがすごく暖かくて、綺麗だなーと感じたんですね。失礼な話ですが、なんか田舎な感じもすごく良くて。
ただ広島だったので東京からだとだいぶ距離もあるし学生でお金もないし、気づけばそんなこと忘れていました。
そこから時を経て一人旅を思い立った時に出てきたのが尾道でした。
よっぽど当時、尾道に惹かれるものがあったのでしょうね。

まさかの奇跡がまさかのショック!!



ということで尾道を調べることに。
そしたらなんとすぐ近い日に尾道の灯りまつりがやるではないですか!!

これは奇跡だ!もう俺に行けと言っているに違いない!笑
これはこの日に行くしかない!めっちゃ写真撮って良い思い出にして、、、
と思ったらそんな時に限ってその日に先輩の結婚式の二次会に参加することになっていたのです。。
その先輩には結構付き合いもあったのでさすがに断るのも申し訳ないし、
諦めることにしました。
一瞬ナイスタイミングに興奮したせいか色々めんどくさくなり、
もう行くのもやめようかな〜と思って仕事を再開したのですが
やっぱりそこで考えてしまうんですよね。笑
このままでいいのか!行けば何か変わるんじゃないか!みたいな。笑
ってことで灯りまつりのあとになってしまうのですが、結局行くことにしました。

ー続くー

今回の尾道の旅動画はこちら

カメラはこちら


ガイドはこちら

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)