RX10 llとGH4 でLog撮影

title
作品撮りでLog撮影をしてみたので今回はそこらへんについて書こうと思います。
まず機材ですが、GH4のV-Log Lはもちろん試してみたかったのですが
他にも使ってみたいカメラがあり借りてみました。それがSONYのRX10 mark2(以下RX10M2)です。


これはS-Log2での撮影もできる上に4K、そしてハイフレームレート(HFR、スローモーション)、
さらには標準でフルHD120p撮影ができるのでかなり気になっていました。
作品は基本スローでの撮影なので(GH4は96pで撮影)HFRだとFS700とかと同じで書き出しを待つ必要もあるし、解像度も落ちるので
120pで普通に取れるのは大変ありがたいです。
ちなみに今結構欲しいα7S llでも120pは撮れるのですがレンズも借りないといけないので値も上がり断念。。
レンズ付きなのは助かりますよね。しかもf2.8通しで18-200mmなので通常使用には問題ないレベルだと思います。
また5軸手ブレもあり固定の撮影でGH4、歩きながらの撮影にRX10M2で使い分けると良い感じになるなと思いました。

またGH4でもレンズを使ってみたかったNOKTONの10.5mm f0.95を借りて使いました。

とりあえずこれらで撮影した動画作品を載せておきます。

Logだと画が薄いので白飛びには十分気をつけないといけませんね。。。
カラコレはLUTをLUT Utilityでパナから提供されているV Log to V709を使いました。
RX10M2にはSONYから提供されているLUTを使おうと思ったのですが微妙で白が強かったので両方ともパナのLUTを使っています。
味付けはFilm Convert (FJ 8543 VD)です。

RX10M2の感想


 

使ってみた感想は意外にもかなり使いやすい!
上記で書いた特徴の他に感じたのは
《良かったところ》
・右側のシャッターボタンにズームレバーがあり、すぐにズームできるので使いやすいです。
・内蔵でNDフィルターが付いているため日中の撮影も問題なくできます。
・グリップ部分が持ちやすいです(個人差はあると思いますがw)
・意外とバッテリーの持ちは良かったです。(2時間半くらい、記録がフルHDだったので4Kだと変わるかもしれません)
・絞りはレンズに絞りリングがあり使いやすかったです。
IMG_7626
IMG_7625
IMG_7621

《使いにくかったところ》
・レンズのリングがズームとピントをいちいち切り替えなくてはいけません。
できればそこは別々でリングが欲しかったです。
・中途半端なバリアングル液晶。。。
・ボタンはもう少しあったほうが良かったかも。。
IMG_7619

NOKTON 10.5mm f0.95の感想


 

やっぱりf0.95なのでフルサイズ並みのボケ味が楽しめて良いです。
ちなみに絞りはこちらもレンズのリングで調節します。
IMG_7629
広角なのでバストアップも距離を気にせず撮れます。
ただ、広角すぎたかも。。
今回は顔の寄りを撮りたかったりする時が多かったのですが、
広角すぎてかなり寄らないといけないので側から見るとかなりおかしな光景だったのではないでしょうか。笑
個人的には前回の作品撮りで使った17.5mmが使いやすいかなと思ってます。


前回の作品はこちら↓

こんな感じでしょうか。
とりあえず特にRX10M2は好印象しかなく、4Kサブ機やスロー用途にはかなり良いかなと思いました。
動画記録が29分までなのでそこが唯一のネックです。
30分以上の記録撮影には使えないかなーと。頃合いを見て停止させてまた記録して、、、みたいなのを考えると
(4GBで分割されますが)制限がないGH4はやっぱり素晴らしいなと。
GH4に比べて熱もずっと撮っていくうちに感じました。
あともう少しなのに、、、といったところですが、
現状でもかなり満足なカメラなので買いたいです。
α7S llも欲しいので本当は両方買いたいですが。。。笑
とりあえず機材貯金が貯まったらまた考えます。笑

ちなみにV-Log Lのサンプルフッテージはこちらもあります。
尾道で撮りました。

ではまた。




スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)