好きな場所:尾道へ一人旅に出ました。の巻03〜尾道に到着〜

onomichi03

その1はこちら
その2はこちら

SAを出てからしばらくして消灯。そのあとは寝方と格闘しました。
そのまま座っている状態だと気持ち悪くなってしまったため、横の席にリュックを置いて枕代わりにし、横向きで寝ました。
ただやっぱりちゃんと眠れず1、2時間おきに起きてしまいました。
気持ち悪くもなる中、ようやく尾道が近づいてきました。
IMG_0012
IMG_0014

ついに尾道到着


 

ゲロゲロになりそうな中、ついに到着しました。
IMG_0017
はい、曇り空。笑
台風はもうすぐそこに来ているみたいです。
なので今のうちにと、尾道駅付近を動画撮影していました。(意外と駅付近の写真を撮っていないことに帰ってから気づきました。笑)
なぜか食欲は結構ある。でも6時頃に着いたのでやっているお店は少ない。。
唯一やっていたのが駅前のミスド。そこでしばし休憩を取ることにしました。
IMG_0018
次はどこに行こうか、何を見ようかと考えたり天気を見て台風は何時頃に尾道に近づくのか確認したり1時間くらいは時間をつぶしたでしょうか。その間に地元のヤンキー?みたいな男女3人組の世間話を盗み聞いたりして朝からこの人たち何やってるんだろ(人のこと言えない笑)とか思いつつも少しぼーっとしておりました。

台風が近づく中、尾道探索


 

ミスドを後にした私はその近くにある尾道らーめんのお店を発見。
といってもよくある駅前や駅ナカのらーめん屋さんですが。。。
IMG_0020
一応尾道であることには変わりないので初尾道らーめんをここで食べることにしました。
中には旅行客と思われる人がスーツケースを置いてらーめんをすすっておりました。
IMG_0021
店員さんは一人で奥で何か作業中。食券を買って「すみませーん」と奥にいる店員さんに声をかけて渡し、10分後くらいに来たのがこちらです。
IMG_0022
尾道特有の背脂の入った醤油ラーメン。味は普通に美味しいです。結構濃いのかなと思っていたら意外にもあっさりしていました。うん、食べやすい。ものの5分程度で食べてしまった。。
お店を出て、まず初めに今日泊まるホテルの場所の確認へ。
IMG_0016
曇りの天気と相まってなにやら不気味な建物のような感じがしますが(笑、外観はいたって普通のシティホテルのような印象でした。
宿の場所を確認した後、商店街を探索。まだ早朝だし、台風ということもあり、ほぼ誰もいません。。。
IMG_0037
瀬戸内しまなみ海道あたりを行き来する船も今日は運休の様子。
IMG_0034
学生さんたちはお休みなのでしょうか。
他にはあちらこちらに土嚢が置かれてあり、ご自由にお取りくださいと書かれていました。(写真撮るの忘れました。。)
老父婦二人がその土嚢を運んでいました。重そうだったので大丈夫かなとその様子を見守りつつ進んでいき、到着したのが尾道歴史博物館。
IMG_0024
中の写真がなかったのでおそらく撮影禁止だったかと思います。チケット代は500円でその後に行く予定のおのみち映画資料館とセットでした。
展示されていたものは絵画やあとはここの建物がもともと銀行だったこともありその時の写真などが展示されていました。
尾道のベッチャーについても色々説明がされていました。ただこの博物館。。それほど広いわけでもなく、5分ほどで最後の行き止まりまで来てしまいました。
その行き着いた先が歴史的な土地などを紹介・解説している映像がずっと流れているモニタールーム。そこにはパイプ椅子が3、4列ほど設置されており、そこに座って映像を見ることに。教授っぽいおじいちゃんが延々と説明しておられたのですが、あまり理解できずなんだかテレビでやってる放送大学の授業を見ているような気分でした。笑
博物館をたっぷりと堪能し、外に出た頃には小雨だった雨は本降りの様子。
風も強くなっていき、持って来た折り畳み傘も頼りない感じ。ただ映画資料館はすぐ近くだったので助かりました。

映像屋さんをやっている自分としてはここで色々と目を奪われるものがたくさんありました。
IMG_0023
小津安二郎さんの当時の作品の台本だったり、年表だったり、機材まで展示されており、機材好きの自分はそのカメラをくまなく見たり、尾道とは全然関係ないのにたくさん置いてある映画のパンフレットに目を通したり、何よりも壁にはたくさんの映画のポスターが飾られていたのですがゴジラのポスターが多く、幼稚園〜小学生のころまで過去の作品は全て見ていたほどのゴジラ大好きマニアだった自分としては夢中で見てしまいました。
ちなみに尾道を舞台にした「時をかける少女」などで有名な監督の大林宣彦さんの作品の展示などはなかったです。まだ生きているからなのか、それとも許可の問題なのかはわかりませんが。
奥にはシアターもあり、小津さんの作品の予告編であったり、尾道をストーリー仕立てで探索する作品や過去の尾道の映画グランプリで受賞した作品などが流れていて一通り見させていただきました。そして本棚には映像の雑誌がずらりと置いてあり、その中には自分がよく読んでいるビデオサロンもたくさん置いてありました。


しばし読書してからテーブルに置かれてあったノートに「台風だけど来たよー」みたいなキャピキャピな感想を書いて、2時間以上は楽しめました。とても楽しかった。
存分に楽しんだ後、お昼の時間になったのでお昼ご飯を食べようと思い、外に出ることに。
外は前よりもかなりひどい状況だったので新宿で買っておいたカッパを着て、行こうと決めていたお好み焼き屋さんに向かいました。

ー続くー

今回の尾道の旅動画はこちら

カメラはこちら


ガイドはこちら

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)